ユーザ状況推定と情報提示制御

仕事や勉強に集中している時のメール着信や電話って困りますよね.そこで,ユーザや部屋の状況を,”そっと”(アンビエントに)推定する研究や,状況に応じてメールや電話の着信通知を制御するエージェントなどの”空気を読んでくれるコンピュータ”,”離れた場所でも同じ部屋にいるようなテレワーク環境”を目標に,いくつかの研究室や企業と共同で研究を進めています.


    概要説明ビデオ(114MB)


  • ユーザの割込許容度の推定

       作業に集中していると作業量が増えるのが一般的ですが,思考型の作業では必ずしもそうとは言えません.そこで,PCのアプリケーション切り替えや頭の動きなどから「作業量」に加えて「仕事の切れ目」に着目して分析し,「今,どの程度割り込んでも良いか」を推定する研究を実施しています.PC作業中であれば,ある程度推定できるようになってきました.現在は,スマートフォンの併用による高精度な推定や,作業が一段落するまでの時間予測などの研究に取り組んでいます.


   


  • メール配信タイミングの制御

  • レポートやデータ分析などに集中しているときのメール着信は嫌ですよね.そこで,推定した割り込み許容度に基づいて,ひと息ついたタイミングでメールの着信を通知するシステムを開発しています.ゆくゆくは自動で留守番モードに切り替わる電話など,快適に作業に集中できる環境を実現したいと考えています.


 


  • テレワーク環境での遠隔共同作業者との状況共有

  • 一人での在宅テレワーク環境だと,同じプロジェクトメンバに用事があっても,今,電話をすると相手の邪魔になるのではないかと躊躇したり,孤独感が問題になることが指摘されています.そこで,お互いの割り込み許容度をネットワークを介して共有するシステムを開発し,その効果を検証する研究をしています.